プロペシアの副作用とは?

AGA(男性型脱毛症)の治療によく使われるプロペシア。私はてっきり、普通の育毛剤みたいに、液体やジェルみたいなものだと思っていたのですが、実際の形状は経口内服薬だそうですね。

そのため、頭皮に塗るよりも簡単で続けやすく、また、従来の育毛剤と違って体の内側から効いてくれるため、高い育毛効果を見込めるとのことでした。

しかし、薬って良いことばかりじゃないですよね。良い効果があるということは、その分副作用の心配もしなくちゃいけませんから。プロペシアもそれは例外ではなく、胃の不快感・性欲減退・性機能障害・頻尿・頭痛・腹痛・下痢などの副作用が起こることもあるそうです。

ただし、大半の服用者には何も起こらず、万一上記の症状が出ても程度は本当に軽いことがほとんどなため、そこまで神経質に心配する必要は無いみたいです。

ちなみに、服用者が一番気にする副作用は、性欲減退だそうですね。病院でも、この手の相談はよく受けるのだとか。しかし、こうした性欲減退の症状も、臨床実験では1パーセントに満たない発症率だったため、全然心配無いみたいです。

寧ろ、心配することで逆にEDの症状を引き起こしてしまっている場合が多いそうです。となると、容量さえ守っていれば、プロペシアは安全な薬と言えそうですね。